ハンドメイドのこつ

どこに出品すればいい?ハンドメイド販売サイト6選比較まとめ。

作品を作ったけれど、どこに出品すればいいの?と言う方に向けて、大手ハンドメイド販売サイト6つを比較しました。各詳細ページに、商品や登録料・手数料、ユーザー層・クリエイター数・クーポン・アプリなどをまとめてあります。

大手ハンドメイド販売サイト

今回比較するのは、minne(ミンネ)・Creema(クリーマ)・iichi(いいち)・tetote(テトテ)・ココナラハンドメイド・ハンズギャラリーマーケットの6つ。

minne(ミンネ)

minne

「minne(ミンネ)」は、GMOペパボ株式会社が運営する、国内最大級のハンドメイドマーケット。手軽にアプリとWebで体験できるハンドメイドマーケットとして、ハンドメイドの子供服やアクセサリーなどを購入できるサービス。

minne(ミンネ)の詳細を見る

Creema(クリーマ)

Creema

「Creema(クリーマ)」は、全国の作家による手仕事のアクセサリー、雑貨、バッグ、ジュエリー等をネット・アプリで通販・販売できるマーケットプレイス。”ハンドメイドインジャパンフェス”などのイベントも開催。

Creema(クリーマ)の詳細を見る

iichi(いいち)

iichi

「iichi(いいち)」は、日本の木工、陶器、ガラス、皮革、染織など、さまざまな分野の作り手の作品を購入・販売できる”手仕事”のギャラリー&マーケット。作り手と使い手をつなぐ場を広げている。

iichi(いいち)の詳細を見る

tetote(テトテ)

tetote

「tetote(テトテ)」は、雑貨やアクセサリーに加え、ベビー用品・キッズ用品・子供服など、世界に1つだけのハンドメイド作品を購入、販売出来るハンドメイドマーケット。地域や世代を超えて作り手と買い手の”手と手”をつなぐ。

tetote(テトテ)の詳細を見る

ココナラハンドメイド

ココナラハンドメイド

「ココナラハンドメイド」は、日本最大級の知識・スキルの販売マーケット「ココナラ」が運営する、ハンドメイド専門のマーケット。

ココナラハンドメイドの詳細を見る

ハンズギャラリーマーケット

ハンズギャラリーマーケット

「ハンズギャラリーマーケット」は、”見て楽しむ、買って楽しむ、出展して楽しむ。”東急ハンズならではのギャラリー&マーケット。東急ハンズ渋谷店7AフロアHINT7に実店舗を持つ。

ハンズギャラリーマーケットの詳細を見る

重要なポイントは?

比較してみたけれど、どこのポイントが重要なの?となりますよね。気にすべきは販売手数料ユーザー層

販売手数料

販売サイトを利用するに当たって避けては通れないのが、販売手数料。こちらは「minne」「ココナラハンドメイド」がどちらも10%と安くなっています。

ユーザー層

ユーザー層は、自分の作品の強みを生かすためにとても大事なポイント。ショップの雰囲気を見ることによって、自分の作品にあったテイストかどうか?ターゲットは間違っていないか?読み取ることができます。

まとめ

販売サイトにはそれぞれ特徴があります。自分の作品と相談して、あったサイトを見つけるのが最良です。