販売

ハンドメイド作家と確定申告!主婦や副業、いくらから必要?

更新日:

ハンドメイド販売をはじめてしばらく経つと気になってくるのが確定申告。

あれ、いくらから必要なんだろう…?そんな方に向けて、確定申告が必要かどうか簡単にわかるよう、やさしく解説します。

確定申告とは?

確定申告とは、1年間(1月1日から12月31日まで)の所得と、所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)の額を計算し、申告期限内(翌年の2月16日から3月15日まで)に税務署に確定申告書を提出・納税する申告納税制度のこと。

確定申告を行うことによって、納めすぎた税金が還付金として戻ってくることもあります。

所得について知ろう

ハンドメイド販売をしていて確定申告が必要かどうかを判断するには、給与所得があるかないか?所得がいくらなのか?が重要になります。

給与所得とは?

給与所得 = 年収 - 給与所得控除

給与所得とは、勤務先と雇用契約関係にある場合に受け取る稼ぎ全般のことを指します。

1年間で得たお給料から給与所得控除を差し引いたものが給与所得になります。

売上と所得の違い

所得 = 年収 - 必要経費

所得とは、1年間で得た収入から必要経費を差し引いたもの。

ハンドメイド作家でいう所得は、売り上げから材料費などの必要経費を差し引いたあとの金額です。

売り上げがそのまま所得になるわけではないので注意が必要です。

いくらから確定申告が必要?

では、どういった立場の方には確定申告の必要があるのでしょうか。

給与所得がある場合

  • 兼業主婦
  • パート
  • アルバイト
  • サラリーマン
  • OL

など、本業の給与所得があり副業としてハンドメイド販売をしている方。

この場合は所得が20万以下であれば申告不要です。ただ、20万円以下であっても市区町村により住民税の申告をする必要があります。

所得が20万以上であれば申告の必要があります。

副業の確定申告を行うことで、会社にバレることがあります。

副業がバレる理由と対策はこちら。


会社にバレる?ハンドメイド販売の【副業】理由と対策。

まだまだ多い副業禁止の会社。ハンドメイド販売の副業はバレるのでしょうか?バレるとどうなってしまうのでしょうか?今回は、副業禁止のライン・バレてしまう理由(住民税・インターネット・友人)やその対策をご紹介します。

給与所得がない場合

  • 専業主婦
  • ニート
  • 個人事業主
  • フリーランス

など、お勤めしておらず給与所得のない方。ハンドメイド販売のみしている方。

この場合は所得が38万以下であれば申告不要です。が、こちらも市区町村により住民税の申告をする必要があります。

所得が38万以上であれば申告の必要があります。

国から一律で差し引かれる基礎控除が38万円のため、それを超えたら申告が必要になるということです。

カンタン早見表

 確定申告の必要
 給与所得があり20万以下  なし
 給与所得があり20万以上  あり
 給与所得がなく38万以下  なし
 給与所得がなく38万以上  あり

まとめ

いかがでしたか?「バレないからいいや」と思っている方も多いと思いますが、バレたら大変です。収入は必ず申告して税金を支払うようにしましょう。

この見分け方は必要があるかないかをザックリと知る方法です。

人により当てはまらない場合もありますので、必要そうだな、気になるなという場合は税務署に相談してみてくださいね。

まずはここから!

迷っていてもはじまらない。minneでハンドメイド作家デビュー、してみませんか?



\ 有名になりたい /

-販売
-, ,

Copyright© bobbin[ボビン] , 2018 All Rights Reserved.